INTERVIEW/私たちを知る
子どもたちに対して、
きちんと言葉にして
愛情を伝えること。

弘済みらい園・指導員・2017年入職
岡谷明日香OKATANI ASUKA

ダミー

就職活動の軸は、
子どもたちと関わること。

高校生の頃、音楽の授業を通じて地域の支援学校で同年代の障がい者の方々と触れ合う機会がありました。その授業までは、障がい者の方々に偏見も少なからず持っていたのですが、「全然そんなことない」と気付いたんです。障がいの分野に興味を持ち、短大の福祉系に進学したのも、その授業がきっかけでした。
学生時代には、子どもたちの放課後デイサービスというボランティアがあることを知り、参加しました。その時に「子どもたちと関わる仕事ってすごい」と思ったことを覚えています。発達課題を抱える子どもたちとの関わりをそのボランティアを通じて知り、様々な職種を調べる中で、みおつくし福祉会にたどり着きました。児童養護施設と児童心理治療施設の両方が併設している形式がめずらしく、みおつくし福祉会で働くことを決めました。

ダミー

「大切に思っているよ」と言葉にして伝えることが大切。

私は弘済みらい園で指導員として、子どもたちの自立を促す支援を行っています。児童心理治療施設とは、自分自身に発達課題を持っている子、不登校、何らかの理由で学校に行けない子どもたちがいる場所で、子どもたち一人ひとりに心理治療が必須になっています。セラピストさんとのお話や、遊びの中での治療を行なっています。
少し前までは児童心理治療施設の女の子のフロアで働いていたのですが、今は児童養護施設の男の子のフロアで働いています。当時は児童心理治療施設と児童養護施設の仕事の違いの大きさも感じたのですが、男女の違いも感じ、感情をどのようにして伝えるかということに心を砕きました。子どもたちとコミュニケーションを取っていく中で、もちろん私自身が辛く感じてしまったり、子どもたちときちんと意思疎通が取れているのか悩んだりした時もありましたが、「大切に思っているよ」と言葉にして伝えることを意識するようになりました。私の言葉選びひとつで子どもの成長を感じたり、「ありがとう」と伝えてくれるようになったり、まずは子どもたちと信頼関係を築くことが大切だと気付きました。

ダミー

子どもたちと一緒に自分自身も成長できる場所。

ここは、子どもたちが過ごす家です。普段生活をする場の環境が、子どもたちにとってはとても大事になってきます。部屋が散らかっていると片付けを促していますし、何故その行動が必要なのかもきちんと言葉にして伝えています。
また、遊具や鬼ごっこ、サッカーをしたりと、私自身も体を動かして子どもたちと一緒に遊ぶことが楽しく、「岡ちゃんと遊んでいて楽しい!」と言ってくれることも嬉しいです。
児童養護施設や児童心理治療施設という仕事を知らないと不安もあるかもしれませんが、決して特殊なことをしている訳ではありません。目の前の子どもたちと向き合っていくことは、難しくもやりがいと楽しさを感じています。子どもたちの成長を促す支援を、子どもたちの成長を見守りながら、自分自身も成長し、これから子どもたちが自信を持って生きていけるように支えていきたいです。