ロゴ

INTERVIEW/私たちを知る
利用者さんの為に
なることを
考える仕事。

ふみのさと倶楽部・生活相談員
2005年入職

小林大介KOBAYASHI DAISUKE

ダミー

利用者さんの為に
なることを考える仕事。
外部との連携での相談全般を。

ふみのさと倶楽部で働く前は、当法人の別の施設でアルバイトとして働いていました。そこでは介護の仕事はしていませんでしたが、その頃に介護福祉士の専門学校に行っていたので、学校卒業後は介護の仕事に就こうと考えていました。たまたまそのタイミングでふみのさと倶楽部での採用募集があり、試験を受け、今に至ります。
この施設には、介護職員として入職しました。現在は、デイサービスの生活相談員として外部との連携や、利用者さんを受け入れる為の相談全般に加え、日々の利用者さんの食事、排泄、入浴介助、レクリエーションの手伝いといった仕事をしています。デイサービスを利用したいという利用者さんの為に、ケアマネージャーとの連携も行っています。介護の現場にいる中で、どうすれば利用者さんの為になるか、ということを考える職種です。

ダミー

利用者さんには、笑顔で1日を過ごしてほしい。

利用者さんには、まずは1日事故なく無事に、来てくれた時と同じように、またそれ以上に元気になって帰っていただくこと。その部分は必ず大事にして働いています。「1日過ごして楽しかった」と言っていただけるように心がけています。ですので、利用者さんからありがとうと感謝の言葉をかけていただいた時には、この仕事をしていて良かったと感じますし、やりがいを感じます。日々の介護全般の仕事はもちろんのこと、生活相談員として施設内部のことも考えなければいけません。利用者さんはもちろん、施設内、職員の様子にも気を配っています。

ダミー

高齢分野での事業を
もっと拡げてゆけたら。

みおつくし福祉会では、高齢者施設だけではなく、生活保護施設、保育施設など多職種に渡り事業を展開しています。大阪を支える法人として、色々な事業があるというのは大きな特徴ですね。私自身、当法人は仕事を探している時に初めて知りましたが、大阪府下で北から南まで色々な施設があるというのは、非常に強みだと思います。高齢者施設に限って言えば、法人内でここしか高齢者の施設がありません。もう少し高齢分野での手を拡げていけたら、という思いが個人的な意見としてあります。今は通所サービス、デイサービスの事業があるので、今後の展開としては入所施設も出来ればと、考えたりしています。