ロゴ

INTERVIEW/私たちを知る
言葉で愛情を伝える。
何よりも
子どもたちの為に。

弘済みらい園・指導員・2017年入職
山崎未奈YAMAZAKI MINA

ダミー

何よりも子どもたちのために。
一緒に成長を感じられる場所。

一緒に成長を感じられる場所。児童養護施設で就職先を探していた時、大学の先生に勧められ当法人に出会いました。就職セミナーに参加した際、実際に働いている職員の生き生きとした様子が非常に印象的でした。楽しく働いているんだなというのがすごく伝わってきましたね。またここの施設では小学校や中学校が併設されていて、クラブ活動も一緒にしたり、作業時間も一緒に過ごすので、職員と子どもたちとの距離が近いんです。元々子どもが好きで、成長を間近で見られるのも良いところです。一緒に成長していける機会が多いというのが、ここで働こうと決めた理由です。実際に働いてみて、やはり子どもたちのことを最優先で考えている施設だと改めて感じます。
職員理念を毎朝会議の時に読むんです。大切な忘れてはいけない気持ちだな、というのを毎日読む度に思います。職員会議の時でも、一番は子どもたちの為、というところは決してぶれません。大切にしなければいけない部分は、必ず全体で周知してくれます。

ダミー

愛情を持って接する。自分の役割を見出せた瞬間。

子どもたちにとって施設は家と同じです。職員という立場ではありますが、子ども一人ひとりに対して、愛情を持って接しようと常に心がけています。きちんと言葉で伝えてあげる、そこは一番大事にしています。働き始めた時は、もちろん出来ないことも多いですし、子どもたちとの信頼関係を築いていくことが難しいことも少なくありませんでした。子どもたちが心を開いてくれるように、ベテランの先生と同じ言葉で真似をしていました。あることがきっかけで、自分の役割に気付けたことがターニングポイントでした。ベテランの先生と新任の先生では役割が違う。だからこそ子どもたちに対してチームで解決していくのが大事だと教えてくれたんです。そこから、子どもたちへの接し方も変わりました。年が近いというのを活かし、相談を聞く役や寄り添う感覚で、一番子どもたちに近い存在として接しています。関係を築けてこその日々のコミュニケーションです。愛情を持って接し続けていたら、子どもたちから話しかけてくれるようになったり、相談されたり、そういう時はやはり嬉しいです。

ダミー

きちんと言葉で伝えること。
それは、子どもたちへの
何よりの愛情だと思う。

弘済みらい園を一言で表すと「居場所」だと思います。子どもたちにとっても居場所になれるように、自分自身も色んな人に受け入れてもらって働いています。ここに来ている子どもたちは、大人に対して不信感を持っている子もいます。今、子どもたちが一番必要としていることは、やはり「愛情」だと思います。家庭だと、お父さんお母さんがいますが、ここでは全員が家庭のように愛情を注ぎ、ずっと見ているというのがなかなか難しい時もあります。私は、出来るだけどんな些細に思うようなことでも、きちんと言葉にして伝えるようにしています。なるべく子どもたちの長所に目を向けてきちんとその子の良いところを褒めてあげたり。「大事に思ってるで」「心配やわ、大丈夫?」といった言葉も、あえてかけるようにしています。家庭でも、そういったコミュニケーションや言葉かけは、大切なのではないでしょうか。共働きの家庭も増えている中、きちんと言葉で伝えてあげることは、子どもたちにとって何よりの愛情になると思っています。